てっちゃんの「きときと日記」

毎日が楽しい日曜日!

能登巌門にて

きょうの日本海は荒れ狂っていた。 危険を感じながらも恐々、岩場に下りてみると何やら際立って目に入るものが…。 何度も来ていながら初めてその存在に気が付いた。 「岩海苔採取遭難之碑」だった。 岩海苔は厳冬期に行われわずかな晴れ間の間に採取するのだ…

宮島峡にて

固形燃料25gで果たして兵式飯ごうの一合の米がちゃんと炊けるのかどうか…。 きょうはそれを試したくって久しぶりの宮島峡の別荘にやってきた。 あの古びいた廃墟の家屋は完全にとり壊されてしまっていた。 いつ崩れ果てるのかと心配の反面、すっかりこの雰…

「ごはん」機能

今まで「ごはん」を炊くのは難しいことで炊飯器がなければならないものと思っていた。 エスビットで固形燃料を使って、ご飯を炊くことを覚えてから楽しくなってきた。 今度は「兵式飯ごう」に凝っている。 朝、炊飯器を使わずガスコンロを使い、飯ごうご飯を…

アウトドア

さっそく「兵式飯ごう」を持って氷見海岸へ! オートバイ乗りの友人も駆けつけて真剣にご飯を炊く。 きょうは友人の分もあるので1合半。れるくらい。 うち蓋にレトルトカレーを仕込む。 風がものすごく強く、風防がとばされるくらい。 火が安定しなく、時間…

飯ごうで二合炊く

ずっと探していた「飯ごう」をやっと見つけた。 息子がボーイスカウトに入っていた頃に使っていたもの。 四合まで炊けるようだがとりあえず二合炊いてみる。 気が付かなかったのだがガスレンジには「ごはん」機能があった。 途中からそのスイッチを入れたら…

元取山にて

Tシャツ一枚で来たら山頂は風も強く、肌寒いくらいだった。 どんより曇っていて、きょうは見晴らしがよくない。 それでも新幹線が上り、下りとも順調に走っているのが見えて、世の中の復活が感じられる。 ダイソーで買ってきた「焼き鳥缶詰」、レジはすごい…

不思議なペイペイ

きのう能登の帰り、氷見で買い物。 残高が4千円近くあったので大丈夫だろうとレジに行ったのだが、レジ操作中に妻が追加の品物を次から次へと差し出した。 おかげで、まさかの100円ほどの不足。 急遽、3千円をチャージして清算を終えたのだが、車に戻って確…

今週も能登に…

また孫の顔を見に能登に行く。 ついでと言っては何だが近くを散策する。 世界一長いベンチそして岸壁の母 ♪母は来ました…の歌詞で有名な「岸壁の母」 その母「端野いせ」さんは、この富来町の出身とのこと。 道の駅には、詳しい資料もある。 戦死したはずの…

千保神社

グーグルマップを見ながら千保川を遡上すると行く着くところは何と「千保神社」だった。 もっとも川の流れを確認できるのは少し手前のこの辺りまで…、それも「用水」って感じ。 ちょうど工事をしている人がいたので「これって千保川?」って聞いたら、 「こ…

なかよし地蔵 

昔は他町内の子供とは、なにかと仲がよくなかった。 川向うの町とは特に仲が悪く、よく千保川をはさんで石を投げあった。 夢中に投げているうちに向うから特攻隊がいつのまにやら背後に来ており、ボカボカに殴られたものだった。 今では昔のように子供がたく…

久し振りの自転車

なんか久しぶりに出かけるような気がする。 外の空気は意外と冷たい、まるで秋のような気配さえ感じる。 いつだったか出遭った「マドンナ」に、ひょっとしたら再会できないかと思ってその場所に行って見る。 自転車を持ち上げて登りつめたところに彼女が立っ…

メバルを焼くにおいがする…

嫌いな畑仕事に強制連行された後、脱走してきて庭でコンロに炭火を熾す。 コップ酒をチビリチビリやりながら火の熾りに勢を出す。 こんな労力は屁とも思わない…。 赤い炎を眺めているとすごく気が落ち着いてくるのだった。 オラにもずっと古代の原始人の血が…

魚、魚、肴…

義弟が釣りに行ってきて、持ってきてくれた。 鯛にメバル。 夕方、庭で炭火で焼こうと思っていたが雨が降ってきてしまった。 とりあえず、鯛の刺身とメバル二匹を焼き、今晩の酒の肴は最高だった! きのう能登で買ってきた鯖はとりあえず、こんな格好でぶら…

能登巌門

久し振りの能登巌門。 観光客は数人程度で、こんな静かな巌門は初めてだった。 もちろん観光船も土産屋も開いていない…。 静かでよかったが、やっぱり観光地としては活気が早く戻ってほしいと思う。

きょうも晴れている!

きょうは庄川峡に向けて走る。 きのうの山登りがきつかったので少し足がだるい…。 鮎漁の解禁なのか釣り人が目立つ。 鮎、食べたいなぁ…。 遊歩道の一番奥の所に居座る。 対岸の森林を眺めていれば目にもよいかと。 意外と、こんなところまで人が散歩しに来…

久し振りの晴れ!

早速、自転車を出して「元取山」へ! 久し振りに「加茂集落」から登ってみよう! 自転車は、このコースちょっと厳しすぎるので途中で置いていくことに…。 雨ばっかり降っていたので、ぬかるんでいるところもあり滑りやすいので気を付けて登る。 どうしても、…

家に籠る

雨の日が続き、外に出ることもなく家に引きこもり。 雨が降って元気が出たのは草花たち…。 そして畑もあっという間に苗が大きくなっていた。 やることもないので映画三昧。 先日、bsで入っていた名画「心の旅路」 記憶が戻って我が家に帰ったシーンはすご…

孫、可愛いや

一週間ぶりに孫の顔を見に行く。 なんと成長の早いこと! 三か月近く早く生まれてきて、ずっと病院にいたのでいろんな心配があったのだが、きょうの元気ぶりを見て安心した。

便利屋「水漏幸助」

朝早くから「助けて!」との電話あり。 なんやらトイレの水があふれて部屋から押し入れにまで浸水して大変だとのこと。 「そりゃ、すぐに業者を呼んだほうがいい!」と言ったのだが…。 どんな状況かよくわからないのが、とにかくいろいろ道具を用意して車を…

魚は炭火がいい!

お向かいから「ふくらぎ」を二匹いただいた。 刺身もいいが、焼き魚も食べたいと言うことで庭でやくことに…。 なかなか火が熾きるまでは時間がかかるが熾ってしまえばこっちのもの。 コップ酒を呑みながら、のんびりと焼く。 皮をこんがりと焼いたあと身を焼…

氷見方面へ

きょうは海が見たくって氷見方面に走る。 途中、ダイソーに寄ったらレジの列の人の多さにビックリ。 店の奥まで蛇行していたので買い物はあきらめた。 一気に人が出てきた感じだ。 番屋街には寄らなかったが、たぶん人混みなんだろう。 氷見牛の店で「焼き鳥…

誰もいない…

やぶ蚊だけがブンブンと集まって来た! きょうも緑に囲まれた自然の中で…。 いつのまにやら木も大きくなって景色がみえなくなってしまった。 テーブルが移動されていて長椅子に腰掛けて使えるようになって便利だ。 やっぱり人が集まっていることもあるんだな…

きょうは、こんな所で…

越中三大山城のひとつ「増山城址」の麓にある「上和田緑地キャンプ場」 一度、シーズンオフに(自分ではそう思っていた)テントを張っていて係の人から「無許可、無届でこんなことやってもらっては無秩序になって迷惑!…と叱り飛ばされて以来、避けていたが……

元取山

笹百合はどうだろう?と再度、元取山に行く。 ほんとうに里山はいい! ちょうど足腰を鍛えるには最高だ。 何度も登っていると、だんだんとキツイ登りも苦とは感じなくなってくる。 大きな倒木が道を塞いでいたのだが、きれいに片付けられてあった。 何処の誰…

五番目の孫

三月に早産で生まれた孫が、ずっと病院にいたのだがようやく予定日の月となって退院できた。 どうなるか心配だったが体重も3000gを超したとかで元気そうだった。 やっとこの腕で五番目の孫を抱いてやることができて感激だった。

雨晴キャンプ場

きょうも、せっせとご飯炊き! 主食が決まっているので最近のお昼の出費は少なくなった。 いいことだ! もう完璧だ! 火を点けて5分ほどで湯気が上がって来るので、その時だけ蓋を開けて少し米をかき混ぜる。 あとは放置していい。 15分ほどで焚きあがるが固…

アスパラ

畑に、見事にそそりたつ立派なものが… この場所の物は引っこ抜いたなずなのにニョコニョコと出てきた。 毎日、アスパラは収穫して茹でて食べている。 おかげで元気なのだろう。感謝!

マドンナとの出遭い

自転車を押し上げて登りつめた秘密基地H-2 なんと、先客がいた! それも若い女の子! フライパンを使って焼きそばを焼いていたのだった。 「これからご飯を炊く!」と言ったら興味深々で覗き込んできた。 思いがけぬマドンナの存在にご飯が炊けたと言うのに…

どこでもご飯を炊く!

日陰を求めて遊歩道の奥の崖の上に構えたのだが…。 なんとよく人が通ること! まさかだった、こんなとこまで人は来ないと思っていたのに…。 みんな「変な男」がいると思っただろう。 おいしく炊くコツがわかった。 湯気が上がり始めた頃、蓋をとって少し茹っ…

笹百合一輪

元取山に登る。 今度は笹百合は咲いているだろうと思ったのに今回もさっぱり、まだ早いようだ。 鴨城址近くでなんとか一輪を見つける。 また次回を楽しみにしよう…。 元取山山頂にてお昼ごはん、またエースビットでご飯を炊く。 きょうは、あっさりと丸美屋…