読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっちゃんの「きときと日記」

毎日が楽しい日曜日!

楽しい一日

朝一番に妻からの「お願い」

先日行った公園での「落ち葉拾い」を頼まれる。

「ほんの30分ほどで終わるから…、そのあとは何処へ行こうと全く構わないから…、お願い!」

しかし、しっかりと時間が過ぎてしまった。

畑の小屋に吊るしてあった「大蜂屋柿」、一本落ちていたので食べる。

f:id:sanzen55:20161121193854j:plain

f:id:sanzen55:20161121193907j:plain

なんておいしいんだろう…、あの渋柿が、どうしてこんなに甘くおいしくなるのだろう。

11時を回ってのスタートなので遠いところには行けない。

南砺方面に向けて走る。

f:id:sanzen55:20161121194211j:plain

f:id:sanzen55:20161121194235j:plain

f:id:sanzen55:20161121194245j:plain

週末に得能氏のお話を聞く予定なので、その屋敷跡を訪ねる。

そのあと、福光城址も行く。

f:id:sanzen55:20161121194454j:plain

f:id:sanzen55:20161121194518j:plain

f:id:sanzen55:20161121194411j:plain

近くのスーパーで「ウインナー」を買い、どこかで焼いて食べようと公園に行ったのだが…。

どうも広すぎて、目立ちすぎて…、おまけに先客に老女がいて横になっていた。

ガス器具を開いたのだが、どうも落ち着かない。

安の定、老女のそばに女の人がやってきて何やら声をかけている。

いいことだ!さすが福光の町。

「お昼ご飯は食べたがけ?」

「ちょいとだるくなって横になってしもうたがいね」

福祉関係の人なのか、いろいろ話しかけて老女の身体を心配している。

手押し車に、いっぱい荷物を載せて、ちょっと普通の「ばあちゃん」ではないようだった。

ひょっとして、ルンペン臭いことしている自分のほうにも来るような気がして、あわててガス器具を片付けて立ち去るのだった。

小矢部川の河原に行こうとしたが風が強くって寒く、いつもの昼食場でもある福野植物園に向った。

f:id:sanzen55:20161121195726j:plain

なんと桜が咲いていた!

f:id:sanzen55:20161121195804j:plain

ウインナーを焼いたら、すごい煙が上がった。

いつもと違って、近くに職員の人がウロウロしていて、こっちを見るので「やばい!」と思い、すぐにガス器具を片付ける。

どうも、きょうは落ち着かない「ミニキャンプ」だった。

行きの陽気と違い、帰り道は向かい風が強く、寒かったが楽しい一日だった。