読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっちゃんの「きときと日記」

毎日が楽しい日曜日!

旧友とのドライブ

久しぶり社長とF氏とドライブ。

アユを食べに行こうということで庄川へ。

f:id:sanzen55:20160605230103j:plain

f:id:sanzen55:20160605230121j:plain

f:id:sanzen55:20160605230134j:plain

f:id:sanzen55:20160605233527j:plain

社長は、申し訳ないがノンアルコール。

もともとそんなに酒が好きな人でもないから…。

食事のあとは「湯涌温泉」に行ってみよう!ということで車を走らせる。

f:id:sanzen55:20160605230025j:plain

刀利ダムを抜けて、狭い危ない道を走る。

すれ違ったのはオートバイ1台と車が3台くらい。

下りに入ってロード自転車が目に入ってきた。

まったく車には気がついていないようで道の真ん中をゆったりと走っている。

「社長!気つけて横を通って、クラクションもちょっとだけね」

まさか、こんな道、車が後ろからくると思っていなかったのだろう。

横を通り過ぎると若い人は「すみません!」という風に手を挙げて頭をさげていた。

どっから、どこまで行くのやら…。

湯沸温泉には¥380で入れる施設があった。

f:id:sanzen55:20160605233058j:plain

なかなか人気があるようで、次から次と人がやってくる。

ゆったりと風呂に入ったら社長、疲れが出たのやら休憩室で本格的に寝てしまった。

この頃、忙しくって東京、名古屋と各地を駆け巡っているそうで大変なようだ。

目覚めてから「かき氷」が食べたいということで目の前の店で「イチゴ」を買ってくる。

f:id:sanzen55:20160605231310j:plain

のんびりと過ごしていたら、いつの間にやら時間が過ぎていた。

未だ独身の身の二人は、あわてて家に帰る必要もなく冗談に「きょうはここで泊まるか!」

F氏、持っているカードを出して「100万円まで使える!」と言う。

以前から彼には「財産を残して国に没収(彼に言わせると寄付行為)されるくらいなら俺たちにおごってパッとやろうや!」と何度も催促?している。

ところで一日で100万円使えるか?となる。

普通の宿に泊まって最高の料理を頼んでも、なかなか100万円まではかからないだろう、よっぽど博打に手を出さないかぎり…。

ほんとうに、やってみたいような、F氏をそそのかして…、楽しいだろうな。

帰りは「山側環状線」で帰ってくる。

暇な二人、「まだどこかに行こうか」と言ったが、妻から畑仕事の手伝いを頼まれている私は、そんなわけにもいかず、暗くなる前に家に帰ることを望んだのだった。

f:id:sanzen55:20160605233550j:plain

f:id:sanzen55:20160605233559j:plain

f:id:sanzen55:20160605233617j:plain