読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっちゃんの「きときと日記」

毎日が楽しい日曜日!

堂々の「シニア」です!

f:id:sanzen55:20170312203949j:plain

 

f:id:sanzen55:20170312204007j:plain

電車に乗って富山市に行く。

富山駅に下りた途端、「ここは都会だなぁ…」と思う。

道路も広い、何よりも人通りが多い。

西町の「大喜」に行って「ブラックラーメン」を食そうかと思ったら、なんと駅にその支店みたいのがあるじゃない。

ブラックラーメン小(並)¥750

やっぱりショッカラ!

こんなの何でおいしいのやら…、と言いながら、また食べに来ている自分がおかしい。

スープまで全部、完食。

1時開演まで時間があるので環水公園まで行く。

f:id:sanzen55:20170312202452j:plain

f:id:sanzen55:20170312204124j:plain

いい天気で、気持ちがいい!

1時ぎりぎりにオーバードホールに行く。

f:id:sanzen55:20170312204147j:plain

チケットを買おうと思ったら60歳以上のシニアは無料とのこと。

ラッキー!

堂々のシニア様の入場だい!

長生きはするものだね…。

タイヤ交換

早々とタイヤ交換する。

とにかく先日から車庫整理をしている妻からタイヤがじゃまでどうにかして欲しいのご要望。

天気は晴れていたのに、だんだんと怪しくなってきて、なんと雨かと思ったら雪が降ってきたではないか。

もう3月だし、勤めに行くわけでもないから雪が積もったら乗らなければいいのだ。

そう言い聞かせて、せっせと作業を続ける。

こんなありふれた作業だったはずだが、昨年は走行中にボルトがゆるんだり、タイヤが片方違っていたり、とんでもないミスが次々と…。

やっぱり歳なんだなぁ…。

気を引き締めて指さし点呼で作業を確かめた。

ノーマルタイヤアルミホイールなので、ちょっと格好よくなったぞ!

タイヤを車庫の上に上げたりして、きょうはすっかりお疲れモード。

 

国宝、法隆寺「釈迦三尊像」(クローン)に触る

f:id:sanzen55:20170310193919j:plain

高岡ウイングウイング4階ホール

とにかく暗いので、しばらく動けないくらい。

直接、本尊の近くに行くのは人数に制限があって列をなしている。

ゆっくり見ている人もあれば、あっさりと見て帰って来る人も…。

「触ってもよし、カメラの撮影もよし」

本当の国宝だったら、どうなんだろう…。

f:id:sanzen55:20170310194325j:plain

f:id:sanzen55:20170310194409j:plain

 

最先端の3Dプリンターで作った原型も、また違った魅力がある。

f:id:sanzen55:20170310194615j:plain

同じ鋳物の仕事をしてきた者として、今回の再現作業に携わった人々の、並大抵なるご苦労が伺われる。

しかし、遠き飛鳥の時代に、よくもこんな立派な仏像を作り上げたものだと感心せざるを得ない。

銅を溶かすには1.200度を超すエネルギーが必要。

どんなふうに作業していたものだろうか…。

 

きょうは何の日?

どうもパッとしない寒い日が続く。

図書館から電話。

頼んであった本、購入したので取りに来てくれとのこと。

すごい!

さすがカアチャン!

図書館に無い本でも、場合によっては、このように購入してもらえるようだ。

出かけたついでにスーパーに買い物。

夕飯は私の大好物なものばかり…。

ブリの刺身、バイ貝、手羽先、べっこう、…。

もう一杯呑みたいところだが、コップ一杯で、おとなしくおしまい。

昔から考えると信じられない…。

コップ一杯なんか台所でグィッだった。

歳相応なのか…。

やっぱり身体を動かしていないからだろう。

早く、暖かい気候になって外に飛び出したいものだ。

映画「サバイバルファミリー」

f:id:sanzen55:20170308190909j:plain

何年ぶりだろう?

二人で映画を見に行く。

結婚前は、よくデートで見に行ったっけ。

「父ちゃんのポーが聞こえる」(リバイバル)を、一人で見に行って以来の映画鑑賞。

まずは入場券を買うのが機械なので、よくわからない。

横にいた若いカップルに教えてもらって何とかできた。

1:50からだったが5分ほど前に入る。

座席は若いカップルの人が「後ろの席のほうが見やすい」と言ったので一番後ろの席にした。

すぐに始まると思ったのに…。

何やら他の映画の宣伝やらコマーシャルばっかりで、なかなか始まらなかった。

2時頃からやっと本編が始まる。

ものすごい大音響!

やっぱりTVと違って迫力満点だ。

内容は、ある日、突然電気が使えなくなって、このまま東京にいても生活ができないと言うことで故郷、鹿児島まで自転車を使って旅をするという物語。

車も電車も飛行機も動かない。

TVも携帯も使えない…。

実際、こんなことになったら、ほんとうに大変なことだが、ある程度はあり得ることなので、いざと言うときの備え、心構えをしなくてはならないとは思った。

妻は水曜日は「レディ割引」で¥1.100と言っていたが、シルバー料金も¥1.100なので、なにも水曜日にこだわることはなかった。

こんなふうに、たまには二人で映画を見に行くのもいいかも。

でも、あくまでも楽しい映画がいい。

悲しい、暗いのは泣いてしまうから、よそう…。

冬に逆戻り

f:id:sanzen55:20170307213233j:plain

f:id:sanzen55:20170307213246j:plain

午前中は、まだ晴れ間もあり、ちょいとMTBで出かけようかとも思っていたのだが出なくってよかった。

昼過ぎより雪が舞ってきた。

また寒くなった。

音楽を聴きながら、以前のPCを使っての書き込み。

この頃、ずっとこの部屋にいて別居生活になってしまった…。

でも、すぐに声がかかる。

「お願い!もうちょっとボリューム下げて!」と。

繫げるものは何でもつなぐ

f:id:sanzen55:20170306212714j:plain

きょうは天気も良くないので家に籠って、骨やすめ。

ニコンポに使わなくなって雑庫に片付けてあったのものを持ってきて、つなぐ。

これでDVDもすぐ見れるし、映画も大音響で迫力倍増。

だけどリモコンがいくつもあって、まごつく。

クラシック音楽も、ただ聴くだけではなく映像があると、また楽しみ方が増えてくる。

一日が、あっという間に過ぎていく…。