てっちゃんの「きときと日記」

毎日が楽しい日曜日!

晴れる!

f:id:sanzen55:20171215191744j:plain

久しぶりの「青空」!

自転車に乗って砺波方面に行く。

やっぱり山に向かうと雪が目立つ。

ちょっと脇道に入ると雪道を走ることになるが、タイヤが雪を弾いて気持ちよかった。

f:id:sanzen55:20171215211134j:plain

おかげでタイヤもきれいになった!

「ある日どこかで」

f:id:sanzen55:20171214232512j:plain

ひきこもり気味の毎日、映画を何本か見る。

なかなか感動する映画がない中、旧作の洋画には名作が多い。

時間の次元を超越するタイムトラベルな映画は大好き、そしてロマンスもあり、とっても感動した。

また音楽もいい。

ラフマニノフの「パガニーニ・ラプソディ」

主演の男優はクリストファ・リーブ。

落馬事故のあと車椅子生活が続き、52歳の若さで心不全で亡くなってる。

映画では不死身の「スーパーマン」だったが実社会では、そうはいかなかったようだ。

大画面のマイシアターで見る映画は音響効果も良し、TVで見るのとは大違いで感動も増す。

今宵は、ほんとうに何か気持ちがうっとりする夜だった。

探しもの

 この頃、よく物を失う。

つい最近ではデジカメの電池が無くなった。

いつも予備を持って行動しているのだが、どこで落としたのか…。

いつもなら、そのうちにどこから出てきそうなのだが一向に出てきそうもない。

その前は腕時計を失ってしまった。

どうやら入浴施設で落とし忘れたようなのだが、問い合わせてもなかった。

まだ財布や免許証でないのが救いだろうか。

電池、ネットで注文したら即、送って来た。

f:id:sanzen55:20171213201222j:plain

送料込みで¥650.

純正品ではないが以前にも購入したが問題はない。

どうしてこんなに安いんだろう?

冬模様

本格的な冬に入ったようだ。

そう寒くも感じないのだが「コタツ」を出すことにする。

f:id:sanzen55:20171212235457j:plain

外は雪。

きょうもどこにも出ず家に籠る。

夜は映画を見る。

横で妻はビデオを見る。

f:id:sanzen55:20171213000117j:plain

最後の映画「滝を見に行く」では、妻も面白がって、一緒に見た。

滝を見るツアーに参加した7人のおばちゃんたちがガイドと離れてしまい山の中をさ迷い一夜を過ごすサバイバルな映画。

似たようなことが一度、妻は経験しているので興味深く見ていた。

「あんたが、先に行ってしまったから…、もうちょっとで遭難するところやった!」

赤祖父山での出来事を今でも責めるのだった…。

元気が出るマーチ

f:id:sanzen55:20171211224921j:plain

天気が冬模様となって外に出れない時は「音楽鑑賞」

落ち込んだ気持ちを明るく吹っ飛ばしてくれるのは「マーチ」「マンボ」かな。

特に吹奏楽のマーチが好きだ。

吹奏楽部ではトランペットを吹いていたが、好きなのはバリトン、ホルーンだった。

バリトンに代わるものとして「ユーフォニアム」が途中から出て来た。

とっても柔らかい音が出て、いつもクラリネットやトランペットの主旋律に対して、まったく異なる旋律をバックで流すのだった。

主旋律をトランペットで吹きながら、いつもその異なる旋律が追いかけるように重なってくるのがとても楽しかった。

典型的な曲は「ボギー大佐」だ。

映画「戦場にかける橋」のテーマ音楽としてミッチーミラー合唱団が演奏して有名になった。

他には「美中の美」でピッコロが全く違った旋律で主旋律に対している。

マーチは歯切れがよく、10曲でも20曲でも聴いていて飽きがこない。

あしたから本格的な冬模様になるようだ。

しばらくは音楽鑑賞が続きそうだ。

手綱を握られる

予想もしなかった、良い天気。

早々にMTBでトンズラしようと思っていたのに、捕まってしまった。

「あなた、今日は何か予定でも?」

予定なんかあるわけもなく、しぶしぶ妻のお供。

例年、この時期になると「山帰来」を採りに行くことになっている。

f:id:sanzen55:20171210202724j:plain

f:id:sanzen55:20171210202743j:plain

何故か、この赤い実を見つけるのが大得意。

見つけては妻に褒められ気持ちも上々。

滑りそうで危ない所は尻を押してもらって恐々採る。

今年は、例年よりもたくさん採れた。

帰りは「落ち葉拾い」の仕事も仰せつかってしまった。

まぁ、楽しかったから良しとしよう。

三千坊

f:id:sanzen55:20171209220702j:plain

すっかり冬模様になって「ひきこもり」に陥りそうになる。

きょうも晴れているが半分、怪しそうな天気。

迷っていたが、意を決してお昼頃に自転車にまたがる。

久しぶりの「三千坊」だ。

f:id:sanzen55:20171209220535j:plain

道の脇には雪もあり寒かった。

この炭焼き小屋には、いろんな想い出がこもっている…。

山を知ったのは、ここからだった。

「三千坊のてっちゃん」を名乗って得意になっていた。

ちょっと前の若き自分を、しみじみと思い浮かべる。

f:id:sanzen55:20171209221120j:plain

f:id:sanzen55:20171209221205j:plain