読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっちゃんの「きときと日記」

毎日が楽しい日曜日!

母の日に…。

 

f:id:sanzen55:20170514210019j:plain

             息子夫婦からは実用的なものも入っていてありがたい!

「母の日」

長男からのプレゼントが、昨日届くのかと待っていたら、とうとう来ず。

電話で聞くと、きょうの午前中だとのこと。

きょうは知人の葬儀に行かねばならないので困った、と思っていたら家を出る寸前に宅急便のお兄さんがやってきた。

「きょうは大変でしょう」と声をかけると、ほんとうに嘆くような顔つきで「冗談じゃなく、半端の数じゃないんです!」と苦笑いされた。

これからは早めに送るように子供たちには伝えたいと思った。

f:id:sanzen55:20170514210530j:plain

知人の葬式、「家族葬」だった。

妻の高校時代の先輩で、私たちの結婚式にも出席してくださった人だった。

きのう娘さんから連絡があったのだった。

正月に電話をかけてきて「私、膵臓ガンなの…、でも早期発見でなんとか助かったみたい」

回復に向かっているものと思っていたのに…。

通夜も葬儀も、ほんの身内と親友だけの静かなものだった。

新聞にも名前は出さないのだそうだ。

香典も受け取られなかった。

私たちが執り行った、呉羽の義母の時と同じだ。

でも義母の時は坊さんが3人も来られ、祭壇も生花も普通の葬儀と変わらず、費用もそれなりだった。

N子さんの通夜、葬儀はほんとうに簡素だった。

葬儀場が家族葬を本格的に扱うようになったみたいだ。

無駄が無く、ほんとうの泣く人たちだけでの通夜、葬儀は静粛でおごそかに行われ、参列するものにとっても、ほんとうの「お別れ」ができたと思う。

しかし、人の最期はわからないものだ…。

そしてなんと、はかないこと。

今一度、自分たちの今後も考え、葬儀のありかたを考えて行きたいと思ったのだった。