読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっちゃんの「きときと日記」

毎日が楽しい日曜日!

兵どもが夢の跡

5月22日(日)の行動

f:id:sanzen55:20160525201916j:plain

いつもよりは早めに9時頃に家を出たのだが、なんせ津幡の山を越えなければならないし、道に迷うなどで「銭五の館」に着いたのはお昼を回ってしまって1:00だった。

f:id:sanzen55:20160525202205j:plain

銭五記念館

f:id:sanzen55:20160525202241j:plain

とりあえず、この「大野湊公園」で、コンビニで仕入れた冷たーい飲み物と弁当で一服。

落ち着いた頃、目の前を何度も散歩されている同年代らしき紳士に声をかける。

銭屋五平衛の話しから話題がすすみ、「ここは安宅弥吉の生まれた所でもあるのです!」

「安宅産業の創始者ですよ!」

そう言えば聞いたことがある。

何やら石油の開発で失敗して事業が破綻した会社の記憶が蘇る。

「ザ・商社」というドラマにも覚えがある。

銭屋五平衛、安宅弥吉

ともに一時は絶大な富と権力を手にした人物だ。

銭屋五平衛は遠くオーストラリアの地にまで土地を所有していたと言われる。

安宅弥吉も日本の大商社に方を並べる「安宅産業」を築き上げた。

でも歴史の中では、その栄華はわずかな時間だった。

まさに「夏草や、兵どもが夢の跡」と言えようか。

繊維機械の会社関係だと言う紳士に「大野湊神社」を案内してもらい、加賀の前田家の話しも聞かしてもらい時が過ぎてしまった。

正直、時計を眺めながら「もう、帰らなくっては…」、そんなあせりを感じていた。

もっと時間のゆとりがあればよかった。

今度は、もっと早く出て、道に迷うことなくコースを熟知して再挑戦してみよう。