読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てっちゃんの「きときと日記」

毎日が楽しい日曜日!

蜃気楼を見に行く

f:id:sanzen55:20160513204353j:plain

 

いい天気だし、「蜃気楼」の出る確率も高いのでは…。

そう思って出かけたのだった。

しかし、やっぱり魚津までは遠い。

滑川で望遠鏡を使って「蜃気楼」を見ている人がいたので見せてもらった。

埋没林館に焦点が当てられていたのだが、説明を受けてもピンと来なかった。

何やらブヨンブヨンとしていたが、それが「蜃気楼」で建物が伸びているのだと…。

もっと肉眼でもわかるような「蜃気楼」が見たい!

「そんなら、やっぱり魚津の漁港周辺にいかれ!」

そう言われて足を延ばしたのだが途中の「米騒動」のあった場所で一服してしまった。

f:id:sanzen55:20160514093628j:plain

f:id:sanzen55:20160514093642j:plain

昼食も兼ねて、すっかり長居してしまったのだった。

もう帰ろうかとも思ったが「目の前だ」と、またまた通りがかりの人に言われる。

どうも、この人「蜃気楼」を見て来た帰りみたかった。

「たくさんカメラを構えた人達で、賑わってすごかった!」とのこと。

こんなところで長居していなかったら、きっと肉眼でも見れたのだろう。

2:30頃に着いたのだが、肝心の大砲を海に向けていたカメラマン達も背中を向けていて、なごやかに仲間と談笑していた。

f:id:sanzen55:20160514093713j:plain

f:id:sanzen55:20160514093752j:plain

海の駅「蜃気楼」でコーヒーを飲みながら、3時を過ぎてしまったので帰りのことが気になってしまう。

このままでは家に着くのは6:30頃だろうか…。

何やら「人間の条件」の主人公「梶」の気分になってきた。

収容所を脱走してきて満州の荒野をさまよう梶の姿。

愛妻「三千子」の面影だけが救いだった。

「三千子!三千子!」

私なら「ケイコ!ケイコ!」なのだが、返ってくる言葉はなさそうだった。

何とか予定通りに6:30に家にたどり着き、ホッとしたのだった。